事前に知っておきたいこと

美容整形

紫外線対策は忘れずに

あざとは、皮膚の一部に生じた色や形の異常のことを言い、治療を病院で行う場合、一般の皮膚科で行う方法と、美容整形で行う方法があります。あざには、メラニン系異常が原因と言われている、ほくろなどの黒あざ、太田母斑などの赤あざ、扁平母斑などの茶あざと、血管系異常が原因と言われている赤あざがあり、それぞれ治療方法が異なります。治療後の注意点としては、紫外線対策があります。レーザーを照射した後は肌が活性化されているため、紫外線を以前より吸収しやすい状態になっています。これによりメラニンの生成を促進させてしまい、新たなあざや、しみを作ってしまう原因となります。どうしても紫外線の照射を避けられない方は、クリームの処方を行ってもらうか、医師に相談してみましょう。

費用は事前に確認しよう

美容整形で治療を行った場合、基本的には医療保険は適用されませんが、美容に配慮した方法を行ってくれるため、あえて美容整形を利用する方もいます。治療費の目安としては1平方センチあたり10000円となっていますが、外用薬やクリームの処方を行ってくれる場合、費用が変わってきますので、事前に確認しましょう。あざは、以前は手術による皮膚移植が代表的な治療方法でしたが、最近ではレーザーによる治療方法が開発されたため、現在行われている方法を大きく分けると、レーザーを用いる方法と、手術を行う方法、両方を併用する方法の3種類に分類されます。種類によって費用は異なりますが、一般の病院の場合、太田母斑や扁平母斑は、レーザーを用いても、医療保険を適用できる場合があるので、事前に確認しましょう。