症状ごとに合った施術を

美容整形

保険適用外なので注意する

美容医療の多くは保険適用外の治療となります。これは目のクマ治療においても同様で、保険治療が出来ない施術となるので注意が必要です。保険適用外の治療の場合、治療費が全額自己負担となるため、それなりの施術費用が必要となります。場合によっては医療ローンを利用する事も推奨されます。またもう1つクマ治療で注意をしたい点として、施術法次第では目の目立たない部分ですが、傷跡が残ることがあるので留意が必要です。昔に比べて美容整形の技術も発達しており、傷跡自体がほとんど目立たないのが現在では当たり前になっていますが、それでも施術方法によってはメスを入れるため、傷跡が残る事もあります。施術後に傷跡を絶対に残したくない場合は、メスを使わない施術法や、経結膜脱脂法などの施術を選ぶのが最適です。

複数の施術法がある理由

レーザー治療や脱脂法、ヒアルロン酸注入など、クマの治療には複数の施術法が用意されていますが、その理由について知っておくことは自分のクマの特徴を理解する上でも重要です。複数のクマの治療法がある理由は、クマもまた複数の種類が存在しており、それぞれに合わせた適切な治療を行うためです。例えば茶グマと呼ばれる症状の場合、その原因はまぶた周りにメラニン色素が沈着した事が理由です。沈着する原因は肌に合わない化粧品を使用したり、紫外線の影響で起きたり、生活の乱れなど様々です。このメラニン色素を除去するために、レーザーを用いる訳です。また影グマならば、目の下の眼窩脂肪が余分にせり出したことが原因となります。影グマに対しては、脱脂法などの施術で脂肪を取り除くことで、クマの原因となっている脂肪の凹凸を無くせます。